LINEのアバター、もう試した? 「けっこう似てる」「どうしてこうなった?」とSNSで話題

 コミュニケーションアプリのLINEに、自分専用のオリジナルキャラクター「アバター」を作れる機能が登場した。SNSには、この機能を使って作成したアバターの画像が多数投稿され、盛り上がりを見せている。

 新たに登場したこの機能では、自分や友人、家族、好きなアイドルなどにそっくりなアバターを作成することができ、作成したアバターはLINEのプロフィール画像や背景画像などに使える。LINE以外にも各種SNSのプロフィールアイコンとして使うことも可能だ。

 作り方は、LINEのアプリを起動し、ホームタブの自分のアイコン、または名前をタップして「アバター」を選択。するとカメラが起動するので、枠の中に顔が入るようにして写真を撮影する。過去に撮影した自撮り写真を選ぶこともできる。

 写真を撮影、もしくは選択したら自動生成により、アバターが完成。ここで「編集」をタップすると顔や髪型、服装などをカスタマイズできる。好みのアバターに仕上げ、右上の「完了」をタップすればオリジナルのアバターの完成だ。

 顔のカスタマイズは、ヘアスタイル、顔、目、眉、鼻、口、メイク、ひげ、メガネの9種類を用意。コスチュームは、セットアップ、トップス、ボトムス、靴下、靴、ヘアアクセサリーの6種類から好みのパーツを組み合わせることができる。さらに顔型やパーツのサイズ、肌や髪の色などの微調整も可能となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ