鼻の入り口から採取容認 PCR検査の負担軽減

 厚生労働省の感染症部会は25日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査について、綿棒で鼻の入り口に近い鼻腔から検体の粘液を取る方法を認める案をおおむね了承した。鼻の奥から取る従来の方法よりも簡単に採取できる。

 今冬、インフルエンザとの同時流行が懸念される中、検体採取方法の選択肢を増やし、医療現場の負担を軽減する狙い。

 厚労省は月内にも、鼻腔を対象に加えた指針を出す方針。一方で部会の専門家は、鼻腔の粘液を使うと従来の方法よりも感度が低くなる傾向があると指摘。部会長の脇田隆字国立感染症研究所長は「万能なものではないのは間違いない」と述べた。

 厚労省の指針案によると、鼻腔の粘液を検体として使えるのは、症状が出ている人に限り、無症状者は含まない。発症から9日までの場合に加え、10日以降も対象とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ