デジタル教科書、国が負担 文科省、概算要求に50億円

 文部科学省は25日、学校現場での活用が進んでいないデジタル教科書の普及に向け、国が購入代金を負担して小学5、6年生と中学生に提供する方針を固めた。希望した教育委員会などが対象で、小学生は1教科分、中学生は2教科分の全額を賄う。令和3年度予算の概算要求に関連経費50億円を盛り込む。

 今春の新型コロナウイルスによる一斉休校で、新学年になっても児童生徒が紙の教科書を長期間受け取れない例があった。再び長期休校になっても、学校以外で学習できるようにデジタル教科書の活用を進めたい考えだ。

 文化やスポーツ分野を含めた文科省の概算要求の総額は、感染症対策費などを大幅に拡充し、20年度当初予算比で11・4%増の5兆9118億円となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ