北海道で新たに11人感染、経路不明は9人

 北海道と札幌市は24日、同市で新たに11人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。このうち9人の感染経路が不明となっており、市は警戒を強めている。道内では同市以外に新たな感染者が確認されず、道内の感染者は延べ2007人(実人数1985人)となった。

 札幌市によると、クラスター(感染者集団)が発生している繁華街すすきの地区のホストクラブで、新たに客1人の感染が確認された。この店の感染者は従業員9人と客4人の計13人に。同地区の接待を伴う飲食店の感染者は、ホストクラブの客を含め4人増えて52店計128人となった。

 また、札幌市は24日、同地区のバー「VAMP(ヴァンプ)」のクラスターが23日付で収束したと発表した。この店の感染者は4日にクラスターと認定した時点で従業員3人と客2人の計5人だった。その後、新たな感染者は確認されなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ