20代女性、クマに襲われケガ 新潟県内の負傷者は今年初

 23日午後6時50分ごろ、新潟県長岡市北荷頃に住む20代の女性が自宅前でツキノワグマに襲われ、右腕と右足にすり傷を負った。同県内のクマによるけが人は今年初めて。昨年12月に同市の男性が山林で襲われて以来となる。

 市によると、女性は車で帰宅し、スマートフォンを操作しながら車庫から自宅に向かう途中、体長約1メートルのクマに襲われた。自力で自宅に逃げ込んだ。現場は同市東部に位置する山あいの地域。地元の警察と猟友会などがパトロールを実施している。

 今年度に入って9月23日までの県内でのクマの目撃情報は559件。過去最多を記録した前年度の同期は606件で、それに近い数字となっている。

 県鳥獣被害対策支援センターによると、県内では今秋、クマのエサとなるブナなどの木の実が凶作から不作と予想されている。そのため県は、クマがエサを求めて人里に出没する可能性が非常に高くなるとして注意を呼びかけている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ