P・トロワグロ氏死去 フランス料理の世界的シェフ

 フランス料理界に兄と共に革新をもたらし、世界的に知られたシェフのピエール・トロワグロ氏が23日、同国中部ロアンヌ近郊の自宅で死去した。92歳だった。フランスのメディアが伝えた。死因は明らかにされていない。

 1928年、フランス中部シャロンシュルソーヌ生まれ。有名レストランで修業し、両親がロアンヌで営んでいたホテル・レストランで50年代から兄のジャン氏(83年死去)と腕を振るった。

 68年にミシュランガイドで三つ星を獲得。親交の深かったシェフの故ポール・ボキューズ氏らと共に、伝統にとらわれない「ヌーベルキュイジーヌ(新しい料理)」の先駆者となり、考案した「サーモンのオゼイユ風味」はフランス料理の代表的一品となった。

 60年代後半に来日し、東京のフランス料理レストランで一時、シェフを務めるなど日本との関係も深かった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ