新型コロナで注目 桐たんす 直せばさらに100年の持続可能性

 新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が多くなり、これまでできなかった家の片づけを始めたという人も多い。気になるのが家の奥に眠っていた古い年代物の桐たんす。思い切って処分…はもったいない。磨いて修理すれば元通りピカピカになり、さらに100年は使えるらしい。日本有数の桐たんすの産地、大阪・泉州に“たんす再生”の現場を訪ねた。(牛島要平)

80年の汚れも落ちる

 大阪府岸和田市にある田中家具製作所の工房を訪ねると、川崎市の顧客から、約80年前につくられた桐たんすが届いていた。全体に黒ずんで古色蒼然(そうぜん)。細かい傷も目立つ。

 「100年前のものでも直せば末永く使い続けることができるのが桐たんすなんです」。同社の田中由紀彦社長(58)がそう話しながら、「洗い替え」と呼ばれる桐たんす再生の様子を見せてくれた。

 洗い替えは晴れた日に始まる。金具を外し、屋外で沸騰させた熱湯をかけながら、たわしで丁寧にゴシゴシ。たんす1つ当たり1~2時間かかる重労働だ。木目に沿って磨けば、岩石の粉「砥の粉(とのこ)」が塗られているため、汚れが落ちやすい。家のほこりや手あかなど80年間の汚れがみるみる浮き出てきた。

 「たんすが気持ちよさそうでしょう。無垢(むく)材を使っている桐たんすだからこうして洗えるんです。加工した板を張り合わせたたんすではこうはいきません」と田中社長は強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ