4連休、空の便回復傾向 GW、お盆より大幅増

 全日空は23日、4連休だった19~22日の国内線利用者数が約29万人に上ったと明らかにした。連休最終日の22日は約9万人で、2月28日以来の水準。19日と22日の搭乗率は9割を超え、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ需要は緩やかな回復傾向にある。4連休中の日航の利用者数も約27万人だった。

 全日空によると、4連休の1日平均の利用者数は7万2千人で、今年5月のゴールデンウイークの6千人、8月のお盆休みの4万8千人に比べ大幅に増加した。

 同社担当者は「新型コロナウイルスの新規感染者数の減少と『Go To キャンペーン』の東京追加の発表で、旅行需要に弾みがついたのではないか」と分析している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ