羽生九段、40代最後の対局で藤井二冠に初勝利/将棋

 将棋の「第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦」が22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で開幕した。通算タイトル99期を誇る後手の羽生善治九段(49)が、高校生タイトルホルダーの藤井聡太二冠(18)を80手で下し、初戦を飾った。27日に50歳の誕生日を迎えるレジェンドは、40代最後の対局で藤井戦に初勝利。10月9日に開幕する竜王戦七番勝負での通算タイトル100期奪取へ向け、健在を印象付けた。

 まだまだ「藤井時代」とは言わせない。羽生九段が31歳年下の藤井二冠を破った。実に5度目の正直。「今までほとんどチャンスらしいチャンスがなかったので、よかった」と率直に喜んだ。

 形勢は互角のまま推移したが、飛車を切って角と交換するなど、藤井二冠の仕掛けを淡々とさばき、68手目の△5九龍から王手ラッシュ。藤井玉を仕留めた。「ずっとギリギリの勝負だった。こちらの玉も危険だった。(藤井玉への)詰み(筋)が見えて初めて(勝機が)分かった」と安堵した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ