藤井二冠、羽生九段に初黒星 3冠へ王将リーグ試練のスタート/将棋

 将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦が22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で開幕した。開幕局に登場した先手の高校生タイトルホルダー、藤井聡太二冠(18)=棋聖・王位=が、国民栄誉賞のレジェンド、羽生善治九段(49)に80手で敗れ、これまで4戦4勝だった羽生九段に初黒星。渡辺明王将(36)=名人・棋王=への挑戦権獲得へ、苦しいスタートとなった。藤井二冠は23日、第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)の就位式に臨む。

 破竹の勢いが止まった。新たなタイトル挑戦を目指す藤井二冠が乗り込んだ王将リーグ。史上最強の羽生と、次代の最強を目指す藤井。将棋界で「ゴールデンカード」と呼ばれる激突で、高校生タイトルホルダーはまさかの完敗を喫した。

 「組み立てがよくなかった。角2枚が盤上にあったんですが、それが働かなくて苦しい展開になった」

 18歳は、敗因を絞り出した。作戦負けだった。先手の藤井二冠は、互いに角を交換して持ち駒とする得意の「角換わり」の展開に持ち込もうとしたが、羽生九段が誘導したのは「横歩取り」の戦型。藤井二冠は12日のJTプロ公式戦でも横歩取りで豊島将之竜王(30)=叡王=に敗れていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ