藤井棋聖、羽生九段に敗れ黒星発進 将棋、王将リーグ開幕

 将棋の高校生タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)=王位=は22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で開幕した第70期王将戦挑戦者決定リーグ(王将リーグ)1回戦で、竜王挑戦を決めた羽生善治九段(49)に80手で敗れ、黒星スタートとなった。羽生九段は藤井棋聖に対し、公式戦初勝利となった。

 渡辺明王将(36)=名人・棋王=への挑戦権を争う王将リーグは7人の総当たり戦。藤井棋聖、羽生九段のほか、前期挑戦者の広瀬章人八段(33)▽豊島将之二冠(30)=竜王・叡王▽永瀬拓矢王座(28)▽木村一基九段(47)▽佐藤天彦九段(32)-が参加している。

 藤井棋聖は前期、初めて王将リーグに参戦。最終戦で広瀬八段と4勝1敗同士で対戦し、勝てば王将挑戦だった。しかし、最終盤で見落としがあり、タイトル挑戦を逸した。

 終局後、勝った羽生九段は、「ずっとぎりぎりの勝負だと思っていた。王将リーグは始まったばかり。まだまだこれからです」。また、藤井棋聖は「結果的に端攻めが不発になって形勢を損ねた。(王将リーグは)厳しいスタートとなったが、良い状態で次の対局に臨みたい」と、それぞれ語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ