苦境の旅行会社、コロナ禍で模索する「ニューノーマル」

 新型コロナウイルスの影響で顧客が激減した旅行会社が「ニューノーマル(新常態)」を模索している。ホテルや航空券のキャンセル無料をPRし、先買いを促したり、畑違いのサービスで「脱」旅行会社を図ったり。賞与ゼロを決めた大手や経営破綻した中堅企業もあるなど、業界は今も苦境が続く。今秋の行楽シーズン、各社は生き残りをかけ、発想力で勝負している。(桑村朋)

 《このホテルはなんと82%オフ。購入後もキャンセルが利くので、いま買わない手はありませんよ》

 旅行予約サイト「トリップドットコム」(本社・中国)の日本語サイトは今夏、ユーチューバーとコラボレーションしたライブ配信で、高級ホテル宿泊の格安バウチャー(引換券)を売り出した。特徴は期間内ならキャンセル料が発生しないこと。コロナ禍を強く意識した商品といえる。

 SNS上などで影響力のある「インフルエンサー」らを使い、ネット生中継で商品をPRする「ライブコマース」という手法。中国で2017年頃から始まり、新たな販売ツールとして、同国で広く定着している。

 日本での初めてのライブコマースは7月に実施。1週間で約3600件の予約が入る盛況ぶりだった。すでに7回の配信を終え、今後も積極展開する方針だ。日本法人担当者は「旅行意欲はなくなっていないので応援したい」と話す。

 国内の旅行会社も反転攻勢をねらう。

 エイチ・アイ・エス(HIS)は、企業が海外出張先で行う案件や業務を代行する「レンタルHIS」を開始。海外158都市・259拠点のネットワークを生かし、業務渡航が難しい現状に目を付けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ