映画館、プロスポーツ…4連休初日、新たな「秋」楽しむ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイベント入場制限が緩和された4連休初日の19日、映画館やプロスポーツの試合会場には多くの人が足を運び、それぞれが感染対策を取りながら、新たな秋の休日を楽しんだ。

 この日から全席販売を再開した大阪市北区の映画館「シネ・リーブル梅田」には、朝から映画ファンが集まった。

 館内にはロビーにアルコール消毒液が設置され、上映中のマスクの着用が呼びかけられる中での映画鑑賞。「コロナ禍の中でも映画館を利用していたが、席を空けて対応しているときは満席で見れないときも多かった」という大阪市平野区のパートの女性(70)は「今日から全席販売なので、好きな席でゆっくり映画を楽しみたい」と館内に入っていった。

 プロ野球のオリックスは、この日夜に行われた京セラドーム大阪(大阪市西区)での西武戦から観客の上限を収容人数の30%である1万人余に増やし、チケットは追加販売した。

 金沢市から家族で訪れた会社員、伊東裕子さん(35)は「家族との遠出は久しぶり。公共交通機関は心配だったので車で来たが、正しく恐れて観戦を楽しみたい」。兵庫県尼崎市の会社員、西村優汰さん(26)は「今回の緩和は第1段階。いつか通常の応援ができるようになれば」と期待を寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ