ジャパンライフ元会長逮捕 「預託商法」の悪質マルチで 桜を見る会、朝日新聞OBらも宣伝に利用

 磁気治療器の預託商法などを展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」をめぐり、警視庁は18日、詐欺の疑いで創業者で元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)を逮捕した。悪質なマルチ商法の「宣伝用資料」には、山口容疑者に対する安倍晋三首相(当時)主催の「桜を見る会」(2015年)の招待状や、自民党の二階俊博幹事長らを囲み、元朝日新聞政治部長や、政治評論家、ジャーナリストらと懇親会を開いていたことも記されていた。

 捜査関係者によると、山口容疑者は元幹部らと共謀して、同社が債務超過であることを知りながら、利息や元本を支払うなどと装い顧客12人から計約8000万円を詐取するなどした疑いが持たれている。

 同社は、高齢者ら全国の約7000人の顧客から総額約2000億円を集めたとみられており、警視庁は事件の全容解明を進める。

 ジャパンライフをめぐっては、日本消費経済新聞が18年2月5日付のスクープ記事で、同社元社員から入手した「宣伝用資料」を報じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ