Eバイクで「クマイチ」疾走 サイクル拠点オープン

 関西のサイクリストの間で人気が高い長距離1周コースは、琵琶湖1周の「ビワイチ」(約190キロ)と、淡路島1周の「アワイチ」(約150キロ)。機構では熊野地域とも呼ばれる紀南地域約200キロを1周するコースを「クマイチ」と名付け、将来のツアー開催を目指す。

 クマイチはKMICHを出発、国道42号を南下して海岸部のすさみ町、串本町、那智勝浦町、新宮市などを通り、山間部の田辺市本宮・中辺路地域などを経てKMICHに戻る。途中「熊野三山」の熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社も通り、1~4泊の宿泊を伴うツアーも開催したいという。

 機構で「KMICH」を担当する瀬戸陽子さん(51)は「『クマイチ』は海、山、川を一度に楽しめ、景色のバリエーションが豊かで、達成感がある」と魅力を語る。

 機構はツアーの第一弾として26、27の両日、KMICHから田辺市山間部を巡る約50キロのツアーを開催する(荒天中止)。両日とも5人が参加する予定。

 KMICHは上富田町産業振興・文化交流館1階にあり、営業時間は平日午後2~6時、土日曜・祝日午前9時~午後3時。レンタル予約や問い合わせは機構。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ