何この神きっぷ…新幹線・特急も乗り放題“どこでもドアきっぷ”が「最強かよ」「めっちゃ良いやん」と話題に ただし利用は2人から…

 「どこでもドアきっぷ」にはJR西日本エリア限定の2日用の設定もあり、こちらは土休日用が1万2000円、平日用が1万5000円。子供はいずれも2000円だ。通常の料金を自分で計算してみたのか、「新大阪→小倉→新大阪→富山=38330円→12000円 これは安くていいね」と書き込む人も。「すごいな。どこか行きたいどこか…」「絶対これ使ってどっか行きたいよね」といったツイートも目立った。

 ただ、この切符の利用にはいくつかの条件も。まず切符の発売は出発日の1カ月から7日前の午後11時半までとなっている。旅行の当日や前日になって切符を買おうと思っても購入できないので注意が必要だ。さらに大前提となる条件がある。それは、2人以上が同一行程で利用する場合のみ(子供のみでの利用も不可)に発売されるという点。この切符を使った一人旅を楽しむことはできない。

 2人以上で同一行程という条件については、「ひとりで使いたかった…」「2人で同一行程か 行きは一緒でも帰りは別々じゃダメか…悲しい」「良いなと思ったら1人の利用ダメなんかい。一気にどうでもよくなったな」と落胆するコメントも続出。「2人以上同一行程にしてるのは、鉄オタ(鉄道ファン)排除というよりかは、出張客排除に思えるな」「一人利用ダメなのはビジネス客が使うと減収になる説みたい」と推察する人もいた。

 そうはいっても、かなりお得な切符であることは間違いなく、東日本に住んでいるとみられる人からは「いいなあ、西の人々…」「(JR)東や東海でも新幹線乗れるフリーきっぷ企画やってくんねぇかな」とうらやむ声があがっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ