コロナ禍でパズル誌好調 アナログの意外な強みも

 紙の雑誌の販売額が落ち込む中、クロスワードや間違い探しなどの問題を掲載したパズル雑誌が気を吐いている。在宅時間が増えたコロナ禍の巣ごもり需要で売り上げを伸ばした雑誌も目立つ。時間を忘れて難問と向き合い、解答は手書きで直接ページに記す…。そんなアナログなスタイルが持つ意外な強みも好調を支えているようだ。(文化部 海老沢類)

売り上げ2割増

 パズル誌発行部数日本一!-。

 そんなうたい文句が表紙に踊る月刊パズル誌「クロスワードメイト」(マガジン・マガジン)は、今年4~6月期の発行部数が7万9000部を超えた(日本雑誌協会調べ)。直前の1~3月期の実績は、約6万9000部。緊急事態宣言が発令され、多くの書店が休業したコロナ下で、部数を約1万部も伸ばした。

 「緊急事態宣言下でも営業していたスーパーやコンビニで買い物ついでに購入する人が増えた。それまでの中心読者だった60~70代に加え、より若い読者層を掘り起こしている」(出版関係者)との声もあり、ほかのパズル誌もよく売れている。

 晋遊舎は書店で雑誌が入手しづらくなることを見据え、5月発売以降のパズル誌8誌で定期購読の開始を告知。反響は大きく、「1カ月で100件を超える購読申し込みがあった雑誌もある」(販売担当者)という。

 緊急事態宣言下の4月26日に発売された学研プラスの隔月刊パズル誌「ロジックパラダイス」(6・7月号)はほぼ完売した。書店の休業による販売減を見込んで刷り部数を通常より約1割少なめに抑えたが、売上額は前年の実績を約2割も上回ったという。

 学研プラス趣味・カルチャー事業室パズルチームの近藤一彦さんは「今回のコロナ禍は一つの災害。目の前の厳しい現実を忘れて問題に没頭できるパズル誌が多くの人に求められたのでは」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ