5年半で転落死91件、用水路の危険度「カルテ」で分析

 用水路などへの歩行者や自転車の転落事故が香川県で多発している。今年7月までの約5年半に約1800件の事故が発生し、死亡事故が91件あったことが県のまとめで明らかになった。標識や柵、ガードレールの設置といったハード面の対策は進むが、事故は後を絶たない。このため県と市町は、人的被害の大きかった約400カ所の現場の状況を統一の様式にまとめた「用水路等転落事故カルテ」の作成に乗り出す。事故の傾向を分析し、抑止につなげるのが狙いだ。

6割が65歳以上の高齢者

 9月2日に高松市で開かれた「用水路等転落事故防止対策検討委員会」の初会合。有識者や警察、消防、市町の関係者が顔をそろえる中、県の担当者が平成27年~今年7月に発生した転落事故の概要を公表した。

 それによると、用水路や河川、池、田畑に転落し県内の各消防本部(局)が出動した事故の件数は約5年半で1836件。年間300件超で推移し、今年もすでに171件発生している。

 1836件のうちけがの程度が明らかな1829件の内訳は、死亡91件▽重症205件▽中等症680件▽軽傷・不搬送853件。負傷者の約6割が65歳以上の高齢者だった。

 歩いていて転落したケースが54・9%と半数を超え、自転車の24・5%が続いた。

 時間帯別では、昼間が約6割を占めたが夜間も3割超だった。17歳以下と65歳以上は昼間の転落が目立ち、18~64歳は夜間の転落がおよそ半数を占めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ