宮城県、地域限定で営業時間短縮の要請を検討

 宮城県は16日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県内の一部地域で感染者が急増している状況を踏まえ、感染拡大が今後も続く場合には地域限定で営業時間短縮の要請を検討することを決めた。

 県内では今月に入り、多賀城市や塩釜市で接待を伴う飲食店などでクラスター(感染者集団)が発生。会議では仙台市や塩釜市、多賀城市などの接待を伴う飲食店などに感染防止対策を徹底するよう求める緊急の協力要請を行うことを決定した。

 村井嘉浩知事は「患者が爆発的に増える可能性もあり、県民には危機意識を持っていただきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ