眞子さま 8カ月ぶり公の場に 日本伝統工芸展ご鑑賞 

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは16日、東京都中央区の日本橋三越本店を訪れ、工芸分野で国内最大規模の公募展「第67回日本伝統工芸展」を鑑賞された。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの行事が中止や延期となっており、宮内庁によると、眞子さまが祭祀(さいし)や儀式以外の公的な活動で、お住まいの宮邸がある赤坂御用地を出られたのは1月以来約8カ月ぶり。

 眞子さまは展示を主催する日本工芸会の総裁を務められている。会場に並んだ約600点の作品について説明を受けた眞子さまは、深くうなずきながら、時折乗り出すように作品をご覧になった。

 説明者によると、眞子さまは自ら日本工芸会総裁賞に選んだ漆箱について、「厳しい冬の情景がよく表れていますね」と感想を述べられたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ