危険撮り鉄に“死にますよ。マジで”とツイートし謝罪の会津鉄道に擁護の嵐 「謝る必要はない」「負けるな!」「声のでかい奴が正義とは限らない」

 200万人近くいるとされる鉄道ファン。そのごく一部なのだろうが、線路内に三脚を立てて撮影するといった危険な迷惑行為に及ぶ人ファンもいるようだ。福島県の会津地方を走る会津鉄道がツイッターでそうした行為について「死にますよ。マジで」と諫めたところ、「表現が過激ではないか」との意見が寄せられ謝罪することに。ところが鉄道ファンからは「まったく正しいことを言っている」「謝る必要は全くありません」と擁護する声が殺到。「クレーム入れてきたのはどうせクソ撮り鉄でしょ」など、むしろ“過激”と指摘した人に批判の目が向けられている。

 会津鉄道の公式アカウントは13日、「線路内で三脚立てて写真撮影。どんな神経してるんでしょうか?死にますよ。マジで」とツイート。「写真撮影」「マナーを守れ」「いのちを守れ」にそれぞれ検索目印となるハッシュタグ“#”を付けて発信した。しかし、のちに「先程、このツイートに関して、『表現が過激ではないか』との趣旨で弊社宛に直接ご意見を頂きました」と明かし、「不快な思いをされた方にはお詫び致します」と謝罪。「炎上してしまったようなので、訂正致します」とし、「線路内に立ち入っての写真撮影は大変危険です」「最悪の場合、命に関わる事故に繋がります。本当です」などと表現を改めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ