臭いが漏れにくい「食パンの袋」が話題 オムツ、生ゴミ、ペットのふんに最適 ただし、プラごみ扱いの自治体も

 15日放送のNHKの情報番組「あさイチ」で、「クイズとくもり “イザというときに役立つ!代用品SP”」と題した特集が組まれ、その中で紹介された「食パンの袋」がネットで話題になっている。

 番組では、生ゴミや使用済みのおむつなど、水気があって臭いの強いものを捨てるのに適したゴミ袋として、有料化されたレジ袋の代わりに食パンの空袋が役立つと紹介。食パンの袋、レジ袋、ポリ袋の3種類にそれぞれキムチを入れて24時間冷蔵庫で保管する実験を行った。結果、レジ袋、ポリ袋は臭いがもれていたが、食パンの袋は臭いがしなかった。その理由は素材の違いで、レジ袋、ポリ袋のポリエチレンに対し、食パンの袋のポリプロピレンは、臭い成分である気体を2分の1から3分の1ほどしか通さないからだと解説。スーパーで売られている野菜やラーメン、お菓子の袋にもポリプロピレンが多く使われており、袋のリサイクル表示に「PP」と書かれていることが目印であるとも紹介された。

 ツイッターには、「夏場に生ゴミ捨てる時にも良さそう」「おお~!それ使えるんじゃない?次から猫トイレ用に取っておこう。餃子とか漬物の持ち運びにもいいかもね」「いま食べてる食パンの袋は捨てない」「さっき捨てた食パンの袋を慌ててゴミ箱から復活させ大切にしまった」など早速活用したいとのコメントが多数あがっているほか、「ポリプロピレン! 初めて聞いたw オムツとかキムチ入れても臭わないすごいね!」など、実験結果に驚きの声も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ