“夢の国”TDRの厳しい現実がネットで話題に…ネット民「夢もヘッタクレもねえな」「ダンサーさんいなくなったら悲しい」「ミッキーはリストラされない?」

 “夢の国”の厳しい現実がネットで話題になっている。千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する「オリエンタルランド」が15日、ツイッターでトレンド入り。正社員と嘱託社員計約4000人の冬のボーナスが7割削減されることが判明したためで、現実を目の当たりにしたネットユーザーから「切なすぎるニュース…」「夢もヘッタクレもねえな」と驚嘆の声があがった。一方、コロナ禍でどこも苦境に立たされており、「これ、正直しょうがないよね」「逆に3割も出せるのがスゲーよ」といった反応もあった。

 報道によると、オリエンタルランドは14日、初めて冬のボーナスを7割削減するとし、コロナ禍でパレードなどのイベントが中止になり“出番”が激減したダンサーら出演者には配置転換を要請すると明らかにした。報道が広がると、ツイッターには「なんか、エグい…」「あぁ、夢の国が」「夢も希望も無くなっちゃう」「ミッキーはリストラされないのかな?」といった驚きの反応が殺到。“キャスト”と呼ばれる従業員らを気遣い、「オリエンタルランド・・・行くのはいいけど、社員には絶対になりたくない会社ね。。。」「浦安に吹く秋風も、さぞ冷たいんだろうな」といったコメントも相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ