箸の持ち方論争再燃 正しいとされる持ち方に「『ものが掴みやすい』それ以上でも以下でもない」と冷静な指摘も

 14日午前、ツイッターのトレンド上位に「箸の持ち方」がランクイン。きっかけは同日放送のNHKの情報番組「あさイチ」だ。「コロナ禍で注目度UP!“箸”を極める」と題した特集が組まれ、箸の持ち方や選び方、ブームの兆しが見られる「持ち帰り箸」などについて、取り上げられた。箸の持ち方については、今年2月にも米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手のツイッター投稿がきっかけでネット上に論争が巻き起こった。番組冒頭でもこのことに触れているが、再び論争に火がついたようだ。

 番組ではまず、30~50代を対象にした2017年の調査結果を引用し、伝統的な(正しいとされている)箸の使い方をしている人の割合が全体の約半数しかいないことを紹介。続いて、愛知みずほ短期大学の上原正子客員教授の研究によって、箸の持ち方が6つに分類できること、その中で最も機能的、効率的なのが伝統的な持ち方であると明らかになったことを解説した。

 伝統的な持ち方について、ツイッターでは「どんな持ち方でも掴めればなんでもええやん」など、こだわらないという人もいれば、「箸の持ち方で多様性なんて認めないよ。商談で箸をまともに使えない人間は連れて行かない」など厳格にとらえる人もおり、賛否が分かれている。

 また、「私は手に障害がありこの伝統的な持ち方は出来ない。今までに知らない人には指摘されたし育ちが悪いとまで言われた事もある」「自分がそうだがケガで指が不自由な人もいるので箸の持ち方が変でもしつけや教養がどうこう責めるのは止めよう」など、身体的な事情で伝統的な持ち方ができないユーザーからの訴えも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ