政府、イベント緩和で経済再生着々 感染監視と検査を強化

 そのためにも、季節性インフルエンザとの同時流行に備えた体制整備は急務といえる。季節性インフルエンザと新型コロナの症状を見分けるのは困難とされ、国民の間に症状に対する不安が広がり、医療現場が逼迫(ひっぱく)することが懸念されるからだ。日本医師会の釜萢(かまやち)敏常任理事はシンポジウムで「入院の医療資源は入院が必要な人に限定することが必要だ。隔離目的の入院は極力避けるべきだ」と語った。

 専門家組織の分析ペーパーには「再拡大に向けた警戒を続けていく必要がある」とも明記している。分科会メンバーでもある医療関係者は東京の動向を注視しており、政府が経済再生を進めることを容認しつつも、こう警鐘を鳴らす。

 「東京の感染者がまだ多いのは確かだ。東京は人口規模が大きいため移動も大きく、影響が大きいことに変わりはない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ