ドコモ口座の不正利用、被害に遭う恐れのある人は? ドコモ以外のユーザーも要注意

 第三者が不正に入手した銀行口座情報をもとに、「ドコモ口座」経由で出金される被害が拡大している。「ドコモ口座のトラブル」ということで、ドコモユーザーのみが被害の対象になると思われがちだが、ドコモユーザーかどうかは関係ない。ドコモ回線を持っておらず、ドコモ口座も利用していない人も被害に遭うリスクがある。被害の対象になり得るケースについて、改めて整理した。

ドコモ口座を経由した不正利用の流れ

ドコモ口座を経由した不正利用の流れ

 ドコモ回線を契約しているユーザー

 ドコモ口座にひも付けている銀行については、(今回の)不正利用の被害には遭わない。なぜなら、ドコモ口座にひも付けた銀行口座は、他のdアカウントと連携することはできないため。ただしドコモ口座にひも付けていない銀行口座については、万が一口座情報が外部に漏れており、第三者が不正に入手した口座情報でドコモ口座とひも付けた場合、出金できてしまう。

 ドコモ回線を契約していないユーザー

 ドコモ回線を持っていなくても、dアカウントは作成でき、ドコモ口座も利用できる。ドコモ契約者と同様、ドコモ口座とひも付けている銀行口座については、今回の不正利用には該当しない。ドコモ契約者でなくても、ひも付けた銀行口座は他のdアカウントとは連携できないからだ。

 ただしドコモ口座とひも付けていない銀行口座については、ドコモ契約者と同じく不正利用される恐れがある。

 ドコモ口座にひも付けていない銀行口座は要注意

 9月8日までに、中国銀行、七十七銀行、東邦銀行、大垣共立銀行、鳥取銀行で不正な出金が確認されている。こうした状況を受け、現在、全提携銀行のドコモ口座への新規登録を停止、一部の銀行ではチャージも停止している。提携銀行の口座を持っており、かつドコモ口座に登録をしていない場合、残高や取引履歴に異変がないか、確認しておきたい。

 ドコモ口座の提携銀行は以下の通り。

 みずほ銀行

 三井住友銀行

 ゆうちょ銀行

 イオン銀行

 伊予銀行

 池田泉州銀行

 愛媛銀行

 大分銀行

 大垣共立銀行

 紀陽銀行

 京都銀行

 滋賀銀行

 静岡銀行

 七十七銀行

 十六銀行

 スルガ銀行

 仙台銀行

 ソニー銀行

 但馬銀行

 第三銀行

 千葉銀行

 千葉興業銀行

 中国銀行

 東邦銀行

 鳥取銀行

 南都銀行

 西日本シティ銀行

 八十二銀行

 肥後銀行

 百十四銀行

 広島銀行

 福岡銀行

 北洋銀行

 みちのく銀行

 琉球銀行

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ