群馬のSLが“無限列車”仕様に 「鬼滅の刃」とJRなどが夢のコラボ…ファン歓喜「こりゃ、スケールがすごい!!」

 10月16日から公開される映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」とJR東日本高崎支社などが連携した夢のコラボが実現。群馬県の高崎-横川間を走る蒸気機関車「SLぐんま よこかわ」が“無限列車”仕様で特別運行されることになった。作品のキャラクターによる車内アナウンスも実施する力の入れようだ。マンガやアニメで大人気の「鬼滅の刃」の世界観が現実のSL列車で楽しめるとあって、「無限列車乗りたすぎる」「JRがやりおったわw」とファンらの間で大盛り上がりとなっている。

 JR東日本高崎支社などのニュースリリースによると、コラボイベントの名称は「鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~」。10月9日から12月31日まで行われる。“無限列車”仕様のSL列車にはオリジナルヘッドマークが取り付けられ、車内に装飾が施されるといい、「ぬおおおおおおおーーーーー!!やるな!JR東高崎支社!さすが!わかってるぅ!」とファンから歓喜の声があがった。ツイッターには「こりゃ、スケールがすごい!!」「これめちゃくちゃ行きたいんですよ」「無限列車が登場するんですかね……」といった声が殺到しており、「子どもたちが知ったら絶対乗りたがるな」「マジかよ?大人が本気になりそうだ(笑)」と世代を超えて注目されているようだ。

 コラボイベントでは乗務員の制服に身を包んだコラボ限定の描き下ろしキャラクターも登場。これらのイラストを使用したオリジナルグッズも販売予定で、「なぁ…販売員姿のエプロン禰豆子ちゃんが可愛すぎるんだがどうしたらいい?」と早くも話題に。「流行に乗るのはあんま好きじゃないけど」と切り出し、静観の構えを示すかにみえた人も、続けて「鉄道とのコラボなら話は別だ」とツイートしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ