沖縄で9人感染確認 39日ぶり1桁台

 沖縄県は3日、県内で1~3日に確認された新型コロナウイルスの感染者数を発表した。3日に確認されたのは9人で、7月26日以来、39日ぶりに1桁台となった。県では感染拡大防止のため緊急事態宣言を継続中だが、4日に対策本部会議を開き、解除するかどうか決めることにしている。

 県によると、このほか新たに確認された感染者数は1日が11人。2日は台風9号のため行政検査を実施していない。

 県内では7月下旬以降、急速に感染が拡大し、8月9日には1日あたりの感染者数が158人に達した。このため不要不急の外出自粛を求める緊急事態宣言を延長し、8月20日以降の感染者数は1日あたり20~40人台で推移していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ