ホンダの量産型EV デザインへの評価真っ二つ「コンセプトそのまんまでヤバい」「おじさんが適当に作ったような…」

 ホンダは27日、同社では国内初となる量産電気自動車(EV)「Honda e(ホンダ イー)」を10月30日に国内発売すると発表。ツイッターにはネットユーザーからさまざまな反響が寄せられている。

 Honda eは未来的デザインのコンパクトな車体で、小回りが必要な街乗りに最適化させ、自動駐車や音声対話システムなどの最先端技術を詰め込んだのが特徴。フル充電での航続距離は約300キロと短めで、実質的な価格は補助金を受けようやく400万円を切る高価格だが、ホンダは「ガソリン車を単にEV化するのではなく、新たな生活を創造する『2030年のEV』を形にした」としており、EVの新市場を開きたい考えだ。サイズは同社の小型車「フィット」とほぼ同じで4人乗り。451万円と495万円の2モデルで、国や自治体から計数十万円の補助金が見込める。

 ツイッターではネット民のさまざまな反応が見られる。値段については「すごい値段ね」「かなり高いなあ」「たっかwwwwwwwwwwww 全然足車とかのレベルじゃねぇ」「まだまだ価格が高いよね。庶民には手が出しづらい」など、高価との受け止めばかりが並ぶ。ハイブリッド車は普及が進み、車種も充実、量産効果もあって新車でも本体価格が180万円台まで下がっている。これと比べてしまうと、先進機能が充実したEVだとしても、実質400万円は納得できないという人が圧倒的に多い印象だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ