吉村知事の“新喜劇デビュー”に賛否 「大阪の人ら楽しそうやな」「コロナ対策どないしたん?」

 大阪府の吉村洋文知事が26日夜、大阪市中央区の劇場「なんばグランド花月」で吉本新喜劇に初出演した。2025年「大阪・関西万博」のロゴマーク入りのポロシャツ姿で登場し、芸人との軽妙な掛け合いを披露。ネットユーザーから「サプライズですか?」「ネタ頑張っててワロタ」といった声があがった。貧困撲滅や気候変動対策など国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の啓発活動の一環で実現した公務だが、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないなかでの出演に、「平時ならまだしも」「遊んでんと仕事しろ」などと強く疑問を投げかける意見も目立ち、賛否が入り乱れた。

 報道によると、吉村知事は商店街を視察する本人役で登場。観客からは驚きの声と万雷の拍手があったという。新喜劇座長の酒井藍(33)から「結婚してくれません?」と突然求愛されると「またの機会に」と華麗にかわす場面も。酒井からポロシャツのロゴを「食べたい」と迫られると、「タコみたいやけど食べ物ちゃいまんねん」と見事なツッコミまで披露したと報じられている。

 ツイッターには「演技したはる ちょ待って可愛すぎるんやけどwww」「大阪の人ら楽しそうやな。まあ、ええことや。あんじょうやりや」と好意的な声が寄せられたほか、「生でみたかったな」と悔しがる人も。吉村知事が出演した新喜劇は9月5日に大阪・MBSで放映されるが、早速、「楽しみ」「見たい!」という声も相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ