藤井聡太二冠、一夜明け 帰宅しても「対局振り返る」

 第61期王位戦七番勝負第4局を制し、棋聖と王位の2つのタイトルを最年少で獲得した藤井聡太二冠(18)が一夜明けた21日午前、福岡市内のホテルで「王位戦は自分が(プロ入り前の)奨励会員のころ、控室で勉強させてもらったことがある。そんな棋戦でタイトルを獲得できたのは感慨深い」と改めて喜びを語った。

 20日の夜は家族や師匠の杉本昌隆八段(51)に電話で連絡し、「喜んでもらえました」と表情を和らげた。その後も第4局を振り返ったり、ほかの棋戦の中継を見たりし、21日午前0時に就寝。午前6時半ごろに起床したという。

 やはり将棋好き。帰宅してまずやりたいことを問われると「第4局についてじっくり振り返りたい」と話した。

 八大タイトルのうち、2冠を獲得した天才棋士の次の目標は王将戦だ。挑戦者決定リーグからの参加が決まっており、「強い方ばかりなので、しっかり戦えれば」と意欲を語った。

 将来、冠を重ねて全冠制覇もあるのか-。「まだまだ実力を高めなければいけないと思う。王位戦で新たに見つかった課題がある。上を目指していければ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ