「同飛車大学」がSNSでトレンド入り 藤井二冠の封じ手で/将棋

 将棋 第61期王位戦第4局第2日(20日、福岡市・大濠公園能楽堂)高校生プロで後手の藤井聡太棋聖(18)が、先手の木村一基王位(47)を80手で破り、4連勝でタイトルを奪取した。タイトル2期獲得の規定により、最高の九段に次ぐ八段に昇段した。藤井二冠は18歳1カ月で、1992年に羽生善治九段(49)が作った21歳11カ月の年少2冠保持、58年に加藤一二三・九段(80)が作った18歳3カ月の年少八段昇段を、それぞれ更新した。

 藤井二冠の注目の封じ手が「△8七同飛成」だったことから、SNS上で「同飛車大学」がトレンド入りした。将棋界でオヤジギャグの名手として知られ、本局で副立会人を務めた豊川孝弘七段(53)の鉄板ネタ。「同飛車」と「同志社」をかけたもので、中継したABEMA将棋チャンネルに出演した豊川七段は「将棋指し冥利(みょうり)、おやじ冥利に尽きますね」と笑顔だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ