木村前王位「恥ずかしい限り」初防衛戦でストレート負け/将棋

 将棋 第61期王位戦第4局第2日(20日、福岡市・大濠公園能楽堂)高校生プロで後手の藤井聡太棋聖(18)が、先手の木村一基王位(47)を80手で破り、4連勝でタイトルを奪取した。タイトル2期獲得の規定により、最高の九段に次ぐ八段に昇段した。藤井二冠は18歳1カ月で、1992年に羽生善治九段(49)が作った21歳11カ月の年少2冠保持、58年に加藤一二三・九段(80)が作った18歳3カ月の年少八段昇段を、それぞれ更新した。

 木村前王位は最後、右手を盤上に添えながら頭を下げて投了。初防衛戦でストレート負けを喫し「恥ずかしい限り。また一から出直します」と悔しさをにじませた。相手の攻めを受けながら反撃する棋風で、将棋会館の所在地から「千駄ケ谷の受け師」の異名を取る。昨年9月に最年長の46歳3カ月で初タイトルを獲得し、「中年の星」として注目を集めた。藤井二冠の強さを「やはりミスが少ない」と分析。敗因は「わからないので、家に帰ってゆっくり考えます」と肩を落とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ