【一問一答】木村王位の敗因「分かりません。家に帰って反省」

 将棋の最年少タイトルホルダーで高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負第4局の2日目が20日、福岡市で指され、藤井棋聖が80手で木村王位を下し、王位を獲得した。棋聖位に次ぐタイトル奪取となり、最年少の18歳1カ月で2冠と八段昇段を決めた。

 --勝負の感想は

 「ストレート負けは恥ずかしい限りで、また一からやり直します」

 --藤井棋聖とはやりにくくはなかったか

 「いつも通り指すように心がけていた。特に何かを意識したことはない」

 --負けた要因は

 「分かりません。家に帰って反省します」

 --家族にはどう伝える

 「もう伝わっているでしょう。明日、家に帰ってから言いますけど」

 --封じ手について

 「(8七同飛成と2六飛の)半分半分と思っていた。昨日ホテルに戻って、2通りの手を考えていた」

 --最年長でのタイトルだったが1期で失った

 「実力のものですから、仕方がない。またやり直せということでしょう」

 --藤井棋聖と戦う前と後での印象は

 「ミスが少ないということを感じた。対して私のほうがミスが多かったので、そういうところが反省に材料になりました」

 --シリーズとおして大きかったところは

 「藤井棋聖も2局目を挙げられていたが、私もしいて言えばそうですかね。力が足りなかったと感じているので、実力が出たのかなと思っている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ