【一問一答】藤井棋聖「実力以上の結果」最年少2冠

 将棋の最年少タイトルホルダーで高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負第4局の2日目が20日、福岡市で指され、藤井棋聖が80手で木村王位を下し、王位を獲得した。棋聖位に次ぐタイトル奪取となり、最年少の18歳1カ月で2冠と八段昇段を決めた。

 --序盤手応えは

 「積極的に動かれて、そこでどうバランスをとればいいのか、難しいのかなあと思いました」

 --封じ手の8七同飛成について

 「少し苦しいのかなと思って、飛車が働かなくなってしまうので、同飛成で勝負に出ようとした」

 --最後、するどい攻めがあったが、どのあたりで勝利を確信したか

 「最後怖い形が続いたのでわからなかったけれど、そうですね、7一玉と引いて何とか形になったかな」

 --どんなシリーズだったか

 「初めての2日制対局でしたし、その中で得るものがあったと思う。4連勝という結果は望外というか、実力以上の結果という気がする」

 --王位獲得の気持ち

 「まだあまり実感がない。七番勝負でいい経験ができたので、生かせるように頑張っていきたい」

 --最年少で2つのタイトル

 「それについてはまったく、対局に臨むにあたって意識していなかった。2つタイトル戦に出ることができて、そのなかで結果残すことできたのは収穫だと思っている」

 --木村王位の戦う前と戦ってみての印象

 「攻守ともに力強い手が多い印象だったが、指してみて読みにない好手を指されることが多かったので、勉強になった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ