藤井聡太棋聖、最年少2冠を達成、木村王位に4連勝

 将棋の最年少タイトルホルダーで高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負第4局の2日目が20日、福岡市で指され、藤井棋聖が80手で木村王位を下し、王位を獲得した。棋聖位に次ぐタイトル奪取となり、最年少の18歳1カ月で2冠と八段昇段を決めた。

 注目の対局は、大濠公園能楽堂の舞台で行われ、幽玄な雰囲気が漂う中、熱戦が展開した。戦型は力勝負になりやすいといわれる「相掛かり」となったが、封じ手で藤井棋聖が強手を放ち、終始にわたって優位に立った。

 これまでの最も若い2冠は1992年、羽生善治九段(49)が王座と棋王を獲得した21歳11カ月。八段昇段の最年少記録は58年、加藤一二三・九段(80)がつくった18歳3カ月だったが、藤井棋聖は「タイトル2期獲得」の規定を満たし、2つの偉業を達成した。

 昨年、最年長で初タイトルを奪取し「中年の星」と話題を呼んだ木村王位は、18歳の新鋭と死闘を演じたがタイトルを守れなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ