藤井棋聖、勝負メシは福岡産高菜ピラフ/将棋

 将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)が最年長タイトルホルダー、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負第4局が20日、福岡県福岡市の大濠公園能楽堂で再開された。

 注目を集める勝負メシは、木村王位がライス少なめの糸島ポークカツカレー(サラダつき)、藤井棋聖は福岡産高菜ピラフ(スープ、サラダつき)とウーロン茶で、両者ともご当地メニューだった。

 藤井棋聖が勝てば、18歳1カ月での最年少二冠を達成し、八段昇段規定の一つ「タイトル2期」を満たして加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月(1958年)を更新して昇段する。

 夜には終局する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ