「ついにガチ訴訟になったんか」「判決と影響が気になる」 ユーチューバー同士の法廷闘争に、ネット上でも議論白熱

 動画投稿サイト「YouTube」で自作の動画を公開し、その広告収入で生活もできることから人気の職業となった「YouTuber(ユーチューバー)」。だが、その動画の著作権をめぐって、ついにユーチューバー同士の法廷闘争にまで発展した。富山県のユーチューバーが、投稿した動画を削除されたのは該当しない著作権侵害を申し立てされたためだとして、京都市のユーチューバーらに慰謝料など110万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたのだ。ネットユーザーの間でも物議を醸しており、「動画配信者同士の訴訟であるため注目されるな」と話題になっている。

 報道によると、原告と被告はいずれも、編み物の動画を撮影しYouTubeで公開している40代の女性。京都地裁で19日、第1回口頭弁論があった。ツイッターには「編物界隈の例の騒動、ついにガチ訴訟になったんか…」「ヒエェ…ちょっと前に揉めてたやつだよね…?」「とうとう裁判沙汰になってしまいましたか(笑)」といった反応がみられ、法廷に持ち込まれる前から両者の対立を知っていた人もいたようだ。

 訴状などによると、原告のユーチューバーがポーチとブックカバーを作製する様子を撮影した動画2本をめぐり、被告のユーチューバーが今年2月、自身の著作権を侵害しているとしてYouTube側に通知。これにより原告の動画は削除されたと報じられている。

 ツイッターには「私的には同じ物でも編むYouTubeさんによって違うから消さないで欲しい 編みにくい人とか編みやすい人とか居るのよ みんなで編み物界を盛り上げていこう!じゃあ、あかんのかなぁ…」と訴える人や、「う~む模型関連の動画は、どうなるのかな?手元撮してるし、テクニックもカブッてる感も無いことも無いと思うんだよな どうなん?」と疑問を投げかける投稿も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ