藤井棋聖、王位戦第4局再開/将棋

 将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)が最年長タイトルホルダー、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負第4局が20日、福岡県福岡市の大濠公園能楽堂で再開された。

 飛車を逃すか、切るか。ここまで3連勝で最年少での10代二冠と八段昇段にW王手をかけている藤井棋聖が1日目の最後、定刻の午後6時を過ぎても見せた異例の36分の長考。出した結論は必然手の“逃げる”2六飛ではなく、AIが最善手に示していた“切る”8七同成飛だった。

 ここまで形勢は五分。藤井棋聖が勝てば、18歳1カ月での最年少二冠を達成し、八段昇段規定の一つ「タイトル2期」を満たして加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月(1958年)を更新して昇段する。

 木村王位は棋界で過去2回しかない「3連敗から4連勝」での防衛に向けて反撃を期す一戦。前期は2連敗後の福岡対局で勝利して初タイトル奪取に弾みをつけた。

 持ち時間は各8時間の2日制。夜には終局する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ