王位戦第4局2日目始まる 藤井2冠か、木村初勝利か

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負第4局の2日目が20日午前、福岡市中央区で始まった。3連勝中の藤井棋聖がこの日に2冠目の獲得を決めるか、カド番に立つ木村王位がシリーズ初勝利を挙げるか、注目の戦いとなる。

 対局会場では午前9時、藤井棋聖が1日目に42手目を書き記した「封じ手」が開封され、指し進められた。

 藤井棋聖は3連勝しており、第4局で勝つと、棋聖に加えて王位を獲得して2冠となり、規定で八段に昇段する。18歳1カ月の藤井棋聖は、いずれも最年少記録となる。

 王位戦は2日制で、持ち時間は各8時間。夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ