藤井棋聖、異例舞台・能楽堂で熟考36分封じ手 淡いグリーン羽織で木村王位と激闘/将棋

 将棋 第61期王位戦第4局第1日(19日、福岡市・大濠公園能楽堂)将棋の最年少タイトル保持者、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦する第4局は、後手の藤井棋聖が42手目を封じて1日目を終えた。同所の本舞台上に対局場が特設されたのは初めて。前日会見で藤井棋聖も「厳か」と表した伝統的な空間で、史上最年少での10代2冠と八段昇段というダブル偉業を狙う。形勢は五分。2日目は20日午前9時に始まり、同日夜に終局する予定だ。

 日本有数の能楽堂で指された1日目は、20日の死闘を予感させる藤井棋聖の36分におよぶ長考で封じられた。

 午後5時43分に封じ手番を宣言した藤井棋聖。しかし、定刻の午後6時を過ぎても首をひねり続け、ようやく封じたのは6時19分だった。

 通常2通作る封じ手は、木村王位の提案でもう1通作成され、7月の豪雨被災地に寄付する予定。藤井棋聖は「自分の対局で何か勇気づけられるのは対局者冥利に尽きます」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ