王位戦第4局1日目 藤井棋聖が封じ手

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦七番勝負第4局は19日、福岡市中央区で行われ、後手の藤井七段が42手目を封じて1日目を終えた。3連勝中の藤井棋聖は、ヒューリック杯棋聖戦に続いて2冠目を狙う。

 戦型は、先手の木村王位の誘導で「相掛かり」になり、木村王位が鋭く攻めた。難解な局面が続き、藤井棋聖が飛車を切るかどうか判断を迫られる場面で封じ手となった。

 王位戦七番勝負は2日制で持ち時間各8時間。2日目は20日午前9時に始まり、同日夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ