王位戦第4局昼食休憩 両者「玄海産車海老と九州産野菜の天丼」

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負第4局は19日午後0時半、昼食休憩に入った。両者に「玄海産車海老と九州産野菜の天丼」が出され、木村王位はぶっかけおろしそばのセット。藤井棋聖は冷やし能古うどんのセットとウーロン茶を注文した。

 午前9時に始まった対局は、先手の木村王位、後手の藤井棋聖がともに飛車先の歩を伸ばし、「相掛かり」の戦型。第2局で先手番だった木村王位が採用した戦型で、優勢を築いたものの、藤井棋聖が終盤で逆転勝ちした。

 午後1時半に対局は再開される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ