藤井棋聖、エメラルドグリーンの羽織姿で王位戦第4局

 将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)が最年長タイトルホルダー、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負第4局が19日、福岡県福岡市の大濠公園能楽堂で始まった。

 ここまで3連勝で最年少での10代二冠と八段昇段にW王手をかけている藤井棋聖は午前8時43分にエメラルドグリーンの羽織姿で4本の柱に囲まれた能の「本舞台」へ。

 先手は黒いランニング用マスクの木村王位。2分近く、じっと目を閉じてから飛車先の歩を突いて、2日間にわたる長い戦いは幕を開けた。

 藤井棋聖が勝てば、18歳1カ月での最年少二冠を達成し、八段昇段規定の一つ「タイトル2期」を満たして加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月(1958年)を更新して昇段する。

 前日会見で「後がない」と話した“千駄ヶ谷の受け師”木村王位は棋界で過去2回しかない「3連敗から4連勝」での防衛に向けて、反撃を期す一戦。前期は2連敗後の福岡対局で勝利して初タイトル奪取に弾みをつけた。

 持ち時間は各8時間の2日制。19日午後6時に封じ手をし、20日朝に再開して、同日夜に終局する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ