王位戦第4局始まる 藤井棋聖が奪取か 木村王位1勝返すか

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負第4局が19日、福岡市中央区で始まった。3連勝の藤井棋聖が第4局も制して2冠目のタイトルを獲得し、2冠と八段昇段の最年少記録を樹立するのか。木村王位が1勝を挙げて初防衛への足掛かりを築くのか。大一番が始まった。

 午前9時、木村王位の先手で始まり、1分ほど目を閉じてじっと考えてから、飛車先の歩を力強く突いた。後手の藤井棋聖はお茶を少し飲んでから、飛車先の歩を突いて応じた。

 藤井棋聖が第4局で勝つと、棋聖に加えて王位の2冠となり、八段に昇段。これまで2冠の最年少記録は羽生善治九段(49)の21歳11カ月。八段昇段は加藤一二三・九段(80)=引退=の18歳3カ月だ。

 木村王位は昨年、史上最年長で初タイトルを獲得し、「中年の星」と注目されたが、本局で敗れれば失冠する。

 王位戦は持ち時間各8時間の2日制で、19日夕方に封じ手が行われる。20日午前9時に対局再開し、夜には終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ