藤井棋聖で神風吹いた「絹マスク」は浴衣帯メーカー救世主

 7月16日、史上最年少の17歳11カ月でタイトルを獲得したプロ棋士、藤井聡太棋聖。対局中に着用していたマスクも注目を浴び、製造する福井県坂井市の浴衣帯メーカー「小杉織物」には注文が殺到した。着物の需要減や安価な中国製品の台頭などの逆風を、創意工夫で乗り越えてきた同社。今回は新型コロナウイルスの感染拡大で浴衣帯の需要が激減する中、マスク製作に乗り出していたことが功を奏した。

 ■「神風が吹いた」

 「これ、うちのマスクじゃないですか」。会社内でこんな声が上がった。棋聖位を獲得するより前の7月13~14日、王位戦第2局に臨んだ藤井棋聖は、和服にマスク姿だった。光の当たり方で浮かび上がる市松模様。幅がある耳ゴム。他社製にはない特徴的なプリーツの形状…。同社の「夏用涼やか絹マスク」に間違いなかった。

 藤井棋聖がつけていたマスクのことはSNSで投稿されるなどし、すぐに同社に「小杉織物製ではないか」と問い合わせが殺到。同社はサイト上で16日、「私どもが製造しているものだと思われます」と公表した。すると、藤井棋聖は16日の棋聖戦第4局に勝利し、棋聖位を獲得。その対局でも同社のマスクを着用しており、マスクの注文がみるみる増加。1日7千枚の生産体制はフル稼働となった。まさに「神風が吹いた」状況だった。

 小杉織物社長の小杉秀則さん(63)は「職人として品質、技術にこだわった。藤井棋聖に大一番で使おうと選ばれたことがうれしい」と振り返る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ