木村王位意地みせるか 藤井棋聖2冠目獲得か 木村王位「思い切り指す」藤井棋聖「気負わず臨む」 王位戦第4局

 将棋の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負の第4局が19、20の両日、福岡市中央区で行われる。開幕から3連勝の藤井棋聖が、2つ目のタイトルを獲得し、最年少での2冠と八段昇段の記録を樹立するのか、木村王位が1勝を挙げて初防衛への足がかりを確保するのか。大一番の第4局を前に両対局者が18日、会場近くのホテルで記者会見した。

 木村王位は「後がないので、思い切り指したい。疲れが出ないように努めてきた。あとはいい手を指すだけ」と意気込んだ。挑戦者の藤井棋聖は「ここまでいい結果できていると思うので、第4局も気負わず臨みたい。(記録は)意識することではない。自然体で臨む」と話した。

 藤井棋聖が第4局で勝つと、棋聖と合わせて2冠となり、規定で七段から八段に昇段する。いずれも18歳1カ月の最年少記録での達成となる。これまでの最年少2冠は平成4年、羽生善治九段(49)が王座と棋王を保持した21歳11カ月。八段昇段は昭和33年、加藤一二三・九段(80)=引退=の18歳3カ月だ。

 一方、木村王位は昨年の王位戦で、史上最年長の46歳3カ月で初タイトルを獲得。今期の王位戦は、タイトル獲得の最年長記録保持者と最年少記録保持者の戦いで、注目を集めている。

 王位戦の対局は持ち時間各8時間の2日制。19日午前9時に対局が始まり、夕方に封じ手が行われる。20日午前9時に再開し、夜までに終局する見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ