卒業アルバムどうすれば…運動会など中止、悩む学校

 新型コロナウイルスの感染拡大による休校の長期化が、子供たちの思い出がつまった卒業アルバムの制作にも影響を与えている。感染防止や授業の遅れを取り戻そうと、アルバムの「華」ともいえる文化祭や体育祭、林間学校などの行事を中止する学校があるためだ。現場では頭を抱えながら、昨年度に撮影した写真を掲載したり、代替行事を企画したりするなど、子供たちの大切な思い出を残すための試行錯誤が続いている。(藤井沙織)

 「例年ならふんだんに載せられるシーンのほとんどがなくなった。『密』を避けるため、まだクラスの集合写真すら撮れていない」。大阪府八尾市の市立小学校の校長は、困り果てた様子でそう話した。

 同市教委は学校の再開前に、感染防止や授業時間の確保のため、運動会や林間学校を一律中止にした。来春卒業する6年生は、5年生のときの林間学校の写真など、教員が撮影した昨年度までの行事の写真はあるが、「今年度に転入した児童もおり、メインで使うことはできない」と校長。普段の学校生活を撮ろうにも、「常にマスク姿。撮影のために外させていいものか…」と頭を悩ませる。

 市教委の通知には文化祭に関する言及はなかったが、ある市立中学校は学校の判断で中止を決めた。体育館での舞台発表が中心となるため、3密を避けられないと判断したという。だが校長は「勉強だけでなく、生徒が成果を発表する場も必要」として、球技大会など学年ごとの行事を新たに企画し、写真を撮影してアルバムに掲載予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ