「神すぎ」「やば過ぎww」 JR東の“新幹線半額”にネット民驚愕! 「コロナさえなければ…」と二の足踏む人も

 「JRの半額キャンペーンがやばすぎる」と話題になっている。JR東日本は今月20日から、全方面の新幹線や一部在来線特急の運賃・料金を半額にするキャンペーンを実施する。これが「神すぎ」「やば過ぎww」「太っ腹~~」とネットで盛り上がっているのだ。新型コロナウイルスの影響で鉄道の利用客は激減。需要回復に向けた“起死回生”のキャンペーンに、「乗っらなきゃね!」と多くのネットユーザーが歓喜の声をあげる一方、感染拡大に歯止めがかからない現状を踏まえ、「コロナさえなければ絶対に使っていたのに…」と躊躇(ちゅうちょ)する人もいるようだ。

 キャンペーンの対象となるのは、JR東のインターネットの予約サイト「えきねっと」で販売される「お先にトクだ値スペシャル」という乗車券付きの商品。一例を挙げれば、東北新幹線の東京-新函館北斗間で「はやぶさ」を利用する場合、通常は片道2万3230円のところ、「お先にトクだ値スペシャル」だと1万1610円で購入できる。

 ツイッターには「マジ?」「新幹線半額は熱いな」「金額が魅力的すぎる!」「旅行いきてぇ…新幹線半額はでかすぎる」と驚愕(きょうがく)と歓喜のメッセージが殺到。「新幹線半額」がツイッターのトレンドに入るほどの大きな反響を呼んだ。中には、「さあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい!JR東日本の新幹線半額セールだよ!バンバン!!」と喜びを爆発させる人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ