日立のスペイン高速鉄道車両受注に“胸熱” ツイ民「この電車、かっこいい」「360キロ運転は速い」と感嘆

 日立製作所は12日、イタリアの鉄道運営会社トレニタリアと高速車両「Frecciarossa(フレッチャロッサ)1000」を受注する契約を結んだと発表。鉄道ファンを中心に「良いですね~」「これは写しに行かないと」とネット上でも感嘆の声が飛び交っている。昭和39年10月1日、東京五輪開催直前に世界初の高速鉄道となる東海道新幹線を誕生させた日本。安全性や定時運行、快適性を支えてきた高い技術水準を世界に誇るだけに、「スペイン語圏における日系企業の活躍は全力で応援します」と、日本企業のさらなる活躍に期待を寄せる声もあった。

 フレッチャロッサ1000は、欧州で最も速く、静かに走行する超高速車両といい、日立とボンバルディアのグループ会社がイタリアで設計、製造する。1編成の全長は約200メートル、乗車定員は約460人。営業最高時速は360キロにも達する。日立のニュースリリースに掲載された車両イメージは、赤を基調とした流麗なデザイン。ツイッターには「この電車、かっこいい」「イタリアの企業と組んで、スペインに納入となるとこういうデザインが可能になるのだな」「360キロ運転は速い」などと好反応が寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ